ローン完済前に車を売る|車を売却するには相場を確認しよう|車買取でお得に車を処分する
ウーマン

車を売却するには相場を確認しよう|車買取でお得に車を処分する

ローン完済前に車を売る

男性

急に現金が必要なとき

「まだローンは残っているが、急に現金が必要になったので、自動車を手放したい」というケースがあります。ローンを完済するまでは、自動車の所有権は金融機関にあるため、名義変更することができません。しかし、こうした車でも買取をしてくれる業者があります。買取られた自動車はいわゆる金融車として、次のオーナーに販売されます。ローンの返済が終われば名義を変えられますが、それまでは譲渡する意思があることを示す必要があります。そのため金融車を売りたいときには、車検証や自賠責保険書のほか、車両譲渡書・印鑑証明書・委任状などが必要になります。ただし買取業者によっては、ローンを完済した後に金融車を買い戻すこともできるようになっています。

業者の信頼性に注意

金融車を売るときには、買取業者の信頼性を十分に確かめなければなりません。質の悪い客に自動車を転売されると、自動車税を滞納されたり、交通違反で反則金を科されたり、犯罪に使われたりするかもしれません。自動車の名義は元のままなので、これらの責任は前のオーナーにかかってきます。こうしたことを防ぐため、きちんとした買取業者は購入者からも身元証明書類を取り、名義人に迷惑がかからないよう配慮しています。金融車も一般の中古車と同じく、買取店によって査定額が変わります。少しでも高額で売却したいなら、複数の買取店から査定を受けるのも良いでしょう。また他店から買取った金融車を、名義変更しないまま売却することも可能です。